障がい者福祉施設で使えるデータ管理システム

障がい者福祉施設で利用されているデータ管理システムをご紹介します。 利用者台帳

利用者台帳:利用者のデータを管理します。 管理項目: 氏名、住所、電話番号などの基本項目。

障がい者種別、受給者証番号などの障がい福祉サービス受給者証のデータ管理。

サービス種別、支給決定量などの介護給付費の支給決定内容のデータ管理。

訓練等給付の支給決定内容のデータ管理。

指定特定相談支援事業所、モニタリング期間などの計画相談支援給付費のデータ管理。

共同生活援助又は重度障がい者等包括支援などの特定障がい者特別給付費の支給内容のデータ管理。

利用者負担上限額管理対象者該当の有無などの利用者負担に関する事項のデータ管理。

この他にも管理項目を追加できます。 不要な項目を削除できます。

見やすいように文字の大きさを変えたり、色を付ける等ビジュアルを変更できます。 支援日誌 支援日誌:日々の利用情報を管理します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)