よくある質問

システムに関するご質問・ご要望がある方は、下のコメントよりご投稿ください。

汎用性のあるご要望は、次回アップデートの際に実装します。

よくある質問」への13件のフィードバック

    • 無料版では、支援日誌に登録できる利用者数が10人/1日です。
      有料版では、人数の制限はありません。

    • はい。弊社のサービスが終了しない限り無料です。
      ※無料版のサービスを予告なく終了する場合もございますが今のところ半永久的に使って下さいというスタンスです。

      無料版では10人を超えた入力ができませんので10人を超えた利用者の日誌を入力したい場合は有料版に切り替える必要があります。

      無料版のデータは有料版でも引き継ぐ事ができますので安心して無料版をお使い下さい。

      無料版でも利用者台帳が使用できます。
      利用者台帳では受給者証の切り替え時期のお知らせ表示や、アセスメント、モニタリング、会議の記録、個別支援計画などを管理できる便利機能がございます。意外にも利用者台帳の人気が高まっています。
      指導、監査対策にもなります。

      利用者台帳のみの使用を目的としたダウンロードでも大歓迎でございます。
      どうぞよろしくお願いします。

    • ここでいう処遇改善とは「福祉・介護職員処遇改善(特別)加算の届出」ですね。
      平成29年度は福祉・介護職員処遇改善(特別)加算の算定を行っている事業所は例年、算定を受ける年度の前年度の2月末までに次年度の計画書等の必要書類を届け出ることとなっていますが、現在、国の社会保障審議会(介護給付費分科会)において、平成29年度からの処遇改善加算の新たな加算区分の新
       設が議論されており、障害分野についてもそれに伴う届出内容や届出の期限等が変更される予定です。

       現在のところ、届出様式、届出期限等の詳細は国から示されておりませんが、届出期限は平成29年4月以降となる見込みです。
       国から詳細が示され次第、各市町村のホームページに掲載されますので適宜ご確認いただきますようお願いします。

      つきましては最寄りの福祉課にお問い合わせ下さい。

  1. ご質問ありがとうございます。
    弊社の支援日誌システムのコンセプトは「パソコン操作が苦手な方でも簡単に」です。
    文章を打つ以外の操作は全てマウスでの操作ですのでとても簡単です。
    以前は紙媒体(紙での保存)が主流の福祉業界でしたが近年、厚生労働省が電子媒体(パソコン、タブレットなどで保存)を推奨しています。
    手書きが慣れている方が大半をしてめている福祉業界ではそれに比例してパソコン操作が苦手な方が大半を占めています。
    実際に私が勤めている就労継続支援B型事業所の従業員さんもパソコン操作が苦手です。
    そんなパソコン操作が苦手な従業員さんでも安易に操作できていますので「簡単」です。
    机上での開発ではなく、実際の現場での生の声を活かしたシステムです。
    弊社の支援日誌をご利用頂いているお客様からも「簡単で使いやすい」というお声を頂いております。

    無料でダウンロードしていただくと1日10名まで入力できますので是非お試し下さい。
    下記のリンクは無料ダウンロードページです。よろしくお願いしますします
    http://shougaishafukushi.com/?page_id=9

  2. 個別支援計画、モニタリング、アセスメントなど利用者台帳であるみたいですが、うちの事業所で使っている書式はもう使えないという事ですか?

  3. ご質問ありがとうございます。
    さて弊社の支援日誌システムは利用者台帳で管理できるフェイスシート、モニタリング、ケース会議、個別支援計画、契約内容報告書、代理受領、利用料領収書は各事業所でご使用になられている書式(様式)ファイル(エクセルかワードだと思いますが)を時系列で整理整頓できる機能でございます。

    ほとんどの事業所がデスクトップに貼り付けたのファイルをフォルダに入れて管理していると思います。
    例えばデスクトップに「個別支援計画」というフォルダをクリックして「利用者名」のフォルダをクリックして「作成日」を開くという事業所が多いと思います。
    弊社の利用者台帳では「利用者ごと」にフェイスシート、モニタリング、ケース会議、個別支援計画、契約内容報告書、代理受領、利用料領収書が管理できますので見やすくて管理しやすいようにしております。
    ミスをすることが少なくなりますので個別支援計画の作り忘れなどは無くなります。指導に来た行政の人も見やすいでしょう。
    良い印象を与える事もできます。ここまで考えて開発しております^^

    フェイスシート、モニタリング、ケース会議、個別支援計画、契約内容報告書、代理受領、利用料領収書は弊社で用意した書式(様式)ではございません。
    もし新たな書式(様式)をお探しでしたら弊社ホームページの下記のリンクのテンプレートページにて無料でダウンロード可能でございます。是非参考にしてみて下さい。
    http://shougaishafukushi.com/?cat=5

    なかなか文章では伝わりにくいと思いますのでご興味のある方は無料ですので下記のリンクよりダウンロードしてお試し下さい。
    利用者台帳だけでも無料でずーっとお使いになれます。
    それだけでもとてもお得ですよ〜^^
    http://shougaishafukushi.com/?page_id=9

  4. 複数のパソコンで同時に編集、保存など使えますか?
    データを共有して。
    その際はやはり追加料金が発生するのかな。

    • ご質問ありがとうございます。
      はい。複数台のパソコンでご使用になる事は可能です。
      編集も同時にできますので便利だと思います。
      ただしインターネットハードディスクをお客様自身で用意していただく必要がありますが、有料にはなりますがサポートも可能ですのでご相談下さい。
      いくつかの事業所様に追加のサポートをさせていただいております。
      ちなみにパソコンが1台増えるごとに1ヶ月5000円の料金が追加となります。
      よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)